•     ごあいさつ

社長(昨年のご挨拶です:大会前日に新しいご挨拶を掲載い予定。

 皆様、第16回チャリティー100kmウォーク大会にご参加頂きありがとうございました。お陰様で素晴らしい体験と感動を共有する大会となり、心よりお礼申し上げます。また、心配していました事故もなく無事に終了することができ、主催者として本当に安堵しました。
 今大会は岩崎実行委員長の思いを込めた「優」がテーマです。100kmの長く辛い道のりで、沿道で声援を送る地域の住民の優しさに触れ、苦しい中でも一緒に歩く仲間を思いやることこそが「優」のテーマの意味です。お互い励まし合い、支え合い「優」を感じながら100kmならではの深い「気づき」「絆づくり」になったのではないでしょうか。今大会は多くの変化を行いました。岩崎実行委員長でなければできなかったと思います。変化には多少の混乱も不備な点もあったと思いますが、皆さんの寛容な「優」の心でご理解を頂き何とか運営をできたと心より感謝申し上げます。コースの変更やチェックポイントの減少など、難易度を上げての開催でしたが、結果は710名の完歩者(71.9%)の過去最高となり、本当に驚きと共に皆さんの完歩に賭ける決意の強さ、このテーマの「優」を発揮されて最高の結果を作って頂きました。素晴らしい成果を作って頂いた皆さんに心より敬意を申し上げます。
 今回は歩く人1000名を超えるエントリーと、300名を超えるサポーターの皆さんで大会を開催しました。サポーターさんの不足からCPを減らしたり、CP2を慈恵園さん、CP4をいたがきさん、CP5をモロオさんと、各地域の企業様に応援して頂きました。それぞれのCPを担当して頂いた企業の皆様、食事班、車輌班をはじめとするサポーターの皆様、改めて心からお礼と感謝申し上げます。皆様のご協力のお陰で素晴らしい大会となりました。ありがとうございます。100㎞ウオーク大会の性質上、安全性を第一にしていること、長時間の運営上のサポートの人数が沢山必要です。各CPの人員、食事班、車輌班などぎりぎりの中で運営を行っています。大勢参加するグループは是非ご協力をお願いします。また、完歩した方は翌年はサポーターとしてご参加をお願いします。100㎞を歩く方のサポートすることでさらに一体感が生まれ深い感動ができると思います。どうかご理解とご協力をお願いいたします。今回も沢山の企業様、個人様からのご寄附(お菓子・飲み物・ガンガン鍋・焼き鳥・キュウリ等)ご祝儀を頂き、誠にありがとうございました。この大会は手厚いサポートが名物となっており、参加者全員の分が無いものもありますが各所・各CPでの貴重なご支援を頂き大会を盛り上げて頂いております。また前々回より携帯から歩いている人がどこのCPを通過したかの時間が検索できる専用サイトを立ち上げて頂きましたイークラフトマン様には今回も多くのアイデア・人的協力を頂きました。バーコードからQRコードのシステムを導入して常に使いやすく進化をして対応してくださる心意気に本当に感謝しています。皆様、本当に力強いご支援をありがとうございました。このように多くの皆さんに支えられて100kmウォークを開催できますこと、紙面をお借りして心より感謝申し上げます。
 また、チャリティとして皆さんの参加費の一部を地元4団体への寄付と、合わせて今回は熊本大震災への義援金としてTシャツ、記念バッジCDなど物品等全ての収益金を送らせて頂きます。後日、HP上で100kmウォーク大会の内容と合わせ収支のご報告申し上げます。
 来年は第17回を平成30年6月16日~17日に行います。実行委員長は大垣辰也が務めます。来年も安全面をはじめサポートの質の高い100kmウォーク大会になるよう、そして皆様から愛される大会になるようしっかりと準備をしていきます。今後とも旧倍以上のご協力をお願いしてご挨拶といたします。

感謝 松尾和俊

 
 
 
 
 

実行委員長 

 第17回100Kウォーキング大会に多くの方々にご参加頂きありがとうございます。ご祝儀、ご協賛を頂きました事、サポートをして下さった皆様、応援に駆けつけて下さった、皆様のお陰で事故無く、運営出来た事に心から感謝申し上げます。皆様には大変なご苦労とご不便をお掛けしましたが温かいご支援ご指導の下、立派な大会となりました事を重ね重ね御礼申し上げます。参加頂いた皆様には、今大会を通して素晴らしい出会い大会のテーマとして「志」を体感して頂いたと思います。この大会で築かれた「志」を大切にして頂きたいと願っています。来年度も更に充実させて行けます様に準備をし、参加者全員が感謝、感動、感激を分かち合える大会として続けて行けます様、温かいご協力ご参加頂けます様、お願いを込めましてご挨拶とさせて頂きます。素敵な大会を皆様から頂けた事を心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

第17回大会実行委員長 大垣 辰也